der Zipfel

daily diary : started on October 05 2005.

note

ノートに線を描いていると

インクの滲み方がとてもここちよい

頁をめくって

裏抜けした様子をながめるのも

 

今回試してみた数種類の和紙は

やっぱり自分の手には合わず

使えないと再確認したのだけれど

いつものノートの紙質なら

黒のドローイングノートと同様に

手にも眼にもしっくりくる

 

[blur blue] のドローイングノートも作ろう

 

 

18022018note.jpg

 

 

 

photo by yun
続きを読む >>

today's stroll

 

17022018-3.jpg17022018-2.jpg17022018-6.jpg17022018-7.jpg17022018-5.jpg

 

 

 

photo by yun
続きを読む >>

today's moss

家の近くの道でからからに乾いてたけど

しばらくお水に浸してやるときれいな緑

 

自動車教習所の裏の壁沿いにも

苔の小さなたまり場を確認

次はそこを掘りに行こう

苔運搬用のタッパを買わないとだ 

 

16022018moss.jpg
 

photo by yun

composition

 

15022018-4.jpg

15022018-3.jpg

15022018-2.jpg

15022018.jpg

 

 

photo by yun

today's blur blue

14022018-4.jpg

 

14022018-5.jpg

 

14022018-7.jpg

 

 

photo by yun
続きを読む >>

as the beginning of shape

下地を塗るためにキャンバスを

作業用の帆布をひろげた床に置くと

窓辺にあるものの影が映る

 

それらの様子を眼のなかで撹拌する

そうやって 

線や形の起源のようになる


14022018.jpg

 

14022018-2.jpg

 

 

photo by yun

blur blue

 

キャンバスと紙ともうひとつ

ベースに違う質感を使ってみようと思いつく

サークルのベースにもっともっと慣れること

この青でなければできないことを探す

痕跡とストロークをラフにコントロールすること

円と垂直と水平について意識をむけること

 

photo by yun
続きを読む >>

as a material

新しい画面に向かうまえに

ガーゼを洗う

糊をおとしておいたほうが

手にしっくりとなじんで使いやすい

 

浸された柔らかな感触

水を反射して光る粗い目の様子に

眼が気持ちよいと感じる

眼の感触ということを考える

 

形にならない感情のような

ものをことを見たいと モチーフにしたいと

思うようになったのは27年前のことだ

湯のなかのガーゼの質感は

様々な記憶にわたしを沈める

 

自分にとってmaterialになるもの

それに出会うことそのことこそが

今でもわたしにとって大切なことなのだと

自分に言う

 

gauze-5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by yun

today's moss

今日の苔

中央公園の側溝で島になってた

この時期にふくふくと緑なのは

なかなか見かけないので 採集

四万十柳の小鉢にパッチワーク


 

 

 

photo by yun

feeding dish for sparrow

11022018ume-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓のところの梅の蕾が今朝はひとつ開いてる

いつもの半割りみかんを窓辺にだすと

さっそくめじいさんがちりりんとやって来る

 

ときたま 雀達が電線や梅の枝にとまって

めじいさんの食堂を見ているので

みかんと一緒にすずめのごはんものせてみる

勇気のある一羽が食堂を偵察にやってくると

めじいさんは可愛らしい眼を三角にして威嚇する

 

それぞれ食べるものは違うのだから

いっしょの場所で 相席で仲良く食べてくれたら

いいのになと思うけど

どうもそうはいかないらしい

そこにヒヨドリやシジュウカラもやって来るので

平和な食堂は一転して紛争地帯の様子

 

玄関前に雀達のごはん皿を設置してみたら

電線からそれを確かめて

ぴゅいっとやって来てくれるようになったけど

そうなると 今度は猫達が色めき立ってくる

ので やっぱり めじいさんのとは別の窓に

雀達用のお皿を吊るしてみることにする

 

やって来るのをのんびり待っていよう


11022018-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by yun
続きを読む >>

blog information

>> Latest Photos
>> Mobile
qrcode
>> Links
<< 2 / 439 >>

このページの先頭へ