der Zipfel

daily diary : started on October 05 2005.

tiny fireworks

頂き物

紅白の線香花火

八月の終わりの日に

滑り台のうえで燃やそう

 

2907.jpg
 

 

photo by yun

As a beging

3107-1.jpg

 

定盤とヘラに2回目の生漆を塗る

 

いつか直したいとしまってた

鳥模様のお茶碗をだしてみる

破片はきちんと残っているから

麦漆を作って接着をしてゆく方法

 

早くやってみたいけれど そのまえに

縁に小さな欠けのある花瓶で練習しよう

欠け埋めは錆漆(砥粉+生漆)を作って埋める

 

3107-2.jpg

 

 

 

 

photo by yun

tiny pink

 

 

photo by yun

1th

2607.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はなさんが来てくれた

やってみましょうかって

まずは道具作りから

定盤にする板にヤスリがけをして下準備

はなさんがヘラの先を使いよいようにと形づくってくれる

 

そして テレピンで溶いた生漆を漆刷毛で塗って拭きあげる 

湿度を70〜80%くらいに保つようにして

ケースにいれて乾燥を待って(2日くらいかな)

研いで塗ってを繰り返してゆく

 

使った刷毛は油をつけてしごいてきれいにしてから

乾かないようにラップでくるんでおく

次に使うときは テレピンで油分をとって使う

漆が肌についたらまず油を塗ってぬぐってから

石鹸で洗う

 

photo by yun

tiny bomb

ひとつだけ実ってた時計草の実

見つけてからあまり変わらない

もう大きくはならない様子

あとは枯れてしまうだけだろうから

中身はどうなっているのだろうって

今朝に もいでみたけれど

 

眺めてるうちに

なんだか切る気がなくなった

小さな爆弾のような実


2507.jpg2507-2.jpg

 

 

photo by yun

this morning

 

2407.jpg

 

今日も暑い

 

朝に玄関をあけると

蝉の片羽が動いている

眼をこらしてみると

一匹の蟻が運んでいるのだ

 

朝から蝉が鳴く 隣の猫達は早朝に狩りをしてる様子

最後は蟻が弔うのだな

 

達治の詩が浮かぶ

/蟻が蝶をひいてゆく あぁヨットのようだ/

 

舗装の粗い道だから

重さのない羽を運ぶのも蟻には大変な様子

諦めたように 羽から離れてみたり

また戻ってきて運ぼうとする

ふらふら ふにゃふにゃと少しずつ進んでゆく

どうするんだろ?って呟きつつながめる

 

今朝の掃き掃除はおやすみにするかな

 

 

photo by yun

green memo

2307.jpg

 

朝に掃除 大きな鉢も動かして

奥にたまっている枯葉や土を掃きだす

コンクリートからにょきにょきはえている

雑草もいっしょに抜いた

 

ずいぶん立派な雑草だなと見ると

継ぎ目からはえていたのは時計草だった

びっくり いつの間に

時計草の地中の太めの根をカットして

土に埋めておくとひこばえが出てくる

でも それには2年とか3年かかるはず

 

鉢底から伸びて 土のない

コンクリートの継ぎ目でそだった立派な苗

それならとポットに移してみたけど

継ぎ目からぶちんと抜いてしまったので

うまく育つだろうか

もう鉢の数を増やさないようにと思うし

今年は時計草の挿し木もしなかった

でもこんな風なら育ってくれたら うれしいな

 

2307-2.jpg

 

 

photo by yun

drawing study

サーバーの移行作業にあきてきたので

illustratorのプラグインをバージョンアップする

 

習作はプラグインの数値入力と手の動きをミックスして

ラフな気持ちでどんどん描いていき

そこから 選択と構成を練り直していく

最後のアウトプットは手描き 

という方法が気に入っていたけど

最新バージョンになったプラグインのコンセプトが変わって

今までとだいぶ違う使い勝手になってしまい戸惑う

どうしたもんかとちょっといじってみる

 

22-1.jpg

23-3.jpg

22-2.jpg

 

 

photo by yun

water retention

2107.jpg

 

      早朝に外の鉢には柄杓で水やりをする
      この暑さだから さぼるわけにはいかない
      今朝に藍姫の葉がしんなりなっているのに気づく
      折り重なる葉っぱの下で影になっている鉢が見えなくて
      あげているつもりがそうではなかったのだ
      いそいで水をはったバケツに鉢ごとつけて
      日陰になる玄関にいれておく
      気になって何度も通るたびに見る
      そのうちに
      葉がしゃきんと気持ちよさそうになってほっとした

 

      数年前に3種類の紫陽花の苗をもらって

      ふたつは大きな頭をつけてくれるようになった

      この藍姫は葉は茂ってくれるのだけれど

      花は今年も1房だけだった 気難しい

 

2107-2-2.jpg

 

 

photo by yun

flat goya

夏はゴーヤ

さっと蒸して

そのままぽりぽり食べるのが好き

 

ストアで並んでいると

どうせ切っちゃうのだけど

あれこれと姿を選んで買う
今日のゴーヤはこれ

ぺらんと平べったくておかしい

 

2007.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

photo by yun

blog information

>> Latest Photos
>> Mobile
qrcode
>> Links
<< 2 / 453 >>

このページの先頭へ