der Zipfel

daily diary : started on October 05 2005.

red line composition

27.may.jpg27.may-3.jpg

 

 

photo by yun
続きを読む >>

today's stroll

26.may-3.jpg26.may.jpg26.may-2.jpg26.may-4.jpg26.may-6.jpg

 

 

photo by yun

new

キャリアの契約更新時期で

さて どうしようかと思案

で iPhoneを新しくするよりも

iPadを使ってみるかなと購入

で 林檎鉛筆も買ってみた

 

アップル製品のタイトなパッケージは

マット紙のすべらかな感触と

貼り函の技術が美しくて好ましい

開ける楽しみがある

 

林檎鉛筆は いつも使っている

タブレットペンよりもずっと重たいけど

その重さが描きやすいように感じる

ラフな思考の道具として使えたらと思う

 

新しいデバイスはうれしい気分になる

 

pen.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by yun

original pedestal for Z-light

 

Z.jpg

 

Z-2.jpg

 

作業机はふだんはゼロにしておきたい

そして作業をするときは

ドローイングの紙が動かないように

いつも机一面に布を敷いてはじめる

 

でもゼットライトの固定台座があると

そこだけ布がめくれてどうもすっきりしない

かといって三角屋根のここだと

いい具合にZライトをつけられる場所がない

それならば ゼットライトに脚をつけて

フロアーライトにすればいいのだと思いつき

 

大昔 なにに使うというわけでもなく買って

ずっと持っていた2双のキャスターがあるし

それをつけて作ってくれと記詩に依頼

 

そうしたら さっそく

丈夫で素敵なのを作ってくれた

とても使い勝手がよくてうれしい

 

 

photo by yun

plaster works

plaster-works-5.jpgplaster-works-4.jpgplaster-works-3.jpg

 

 

山中湖から運んできた石膏の作品をあける

しまいこんであったから

きれいな状態のままだ

 

そして時間が経って

石膏がしまって硬質になっている

こんなふうな石膏の質感と白は

とても好ましい

 

日常にはこういった硬質な白はない

なにかしらのオハナシのような余分な

感触を含んだ白ならたくさんある

 

硬質な白

それだけの白

そのこと

日常から浮遊してゆく白のこと

いくらでもかんがえるべきことがある

そう思わせてくれる白

 

 

 

photo by yun

today's stroll

 

21.may.jpg

21.may-2.jpg

21.may-3.jpg

21.may-4.jpg

 

 

 

 

 

photo by yun
続きを読む >>

old works

20.may.jpg

20.may-2.jpg

20.may-3.jpg

 

作品の整理をしに久しぶりに山中湖へ

ひろげてあったcollection-D

 

リビングにかけてあるドローイングは

マーキュロが褪せてきているけれど

その様子も好ましい

 

20.may-5.jpg

20.may-4.jpg

 

 

 

photo by yun

method of soy bean paste

daizu.jpg

 

 

週に2回 トースト用に大豆ペーストを作る

蒸す時間 混ぜる豆乳の量 塩の按配は

いいようにできるのだけれど

 

肝心な大豆一粒ずつの皮をむく方法が

あれこれと毎回試すのだけれど

ベストなやり方がなかなか決まらない

 

今回は蒸すまえの

水につけただけの状態で

皮がむけるのかと試してみたら

このほうが水もあまり使わないし

胚芽もきれいに残るので案外といいみたいだ

 

 

 

photo by yun

today's QAT

この頃 猫ずは

公園の茂みの中で

のんびり眠ってる

草の匂いが気持ちよいのかな

 

やぁって声をかけても

ふにゃふにゃな目線を寄こして

そのままふもふもまた眠る

 

 

16.may.QAT-2.jpg

 

 

 

photo by yun
続きを読む >>

card arrival

card-4.jpg

 

 

先日にぐりとぐらの切手を貼って

宅急便車のミニカーを届けたら

昔話しシリーズの切手の封筒で

お礼のカードが届いた

とってもうれしい

ありがとう ありがとう

 

そういえば 1月の個展のときに

郵送作品の受取人のYさんが

郵便料金があがるのだと言ってたな

郵便でメッセージや作品を送り届けることって

贅沢な方法になっちゃうのかもねって

そんな話しをしたんだった

 

受取人のことを思い浮かべて

あれこれ図柄の配置を考えて

切手を貼るってとても好きだ

デジタルツールがどんどん進化していって

郵便のようなシステムはいつか

なくなってしまうのかもしれない

でも

切手や郵便システムはなくならないでほしい

 

 

photo by yun
続きを読む >>

blog information

>> Latest Photos
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 422 >>

このページの先頭へ